かに料理が好き

カニが好きで、かに料理はもっと好きです。日本人ならかに料理は好きですよね。カニは、ほとんどが海や海水の影響が多いところに生息しています。カニの幼生は海で育つので、陸上で生活しているカニでも、放卵のときは海岸か河口付近まで移動しているケースが多いです。そんなわけで、多くのカニは海からそれほど離れた場所には住んでいないです。
けど、例外なのが、サワガニです。サワガニは卵の中で過ごすので、海で過ごさなくていいのです。最近では、山間の湧水のあるところとかにもいるとか・・・

私はカニが好きなので、自宅でも蟹の通販とかを利用してカニを食べることがあります。それと甲羅本店やかに道楽といったかに料理の専門店は、結構値段が高いですよね。なので、そう頻繁には行けません。観光とか旅行とかで行った時とかなら行くかもしれないけど。なので、どうしてもかにを食べたい時には、通販もいいかなって思います。
でも、これから冬の季節になると、いよいよかにの季節です。どうせカニを食べるのなら、鮮度のいい、おいしいカニを食べたいですよね。かにといえば、ズワイガニが有名ですが、ズワイガニのなかでも、山陰エリアの日本海で捕れる松葉ガニは漁の期間がきめられています。
参考「鳥取でカニと温泉が楽しめる温泉宿はココで見つけるといいよ!

つまり、その時期にならないと松葉ガニは食べられないんです。ということで、私は鳥取の温泉宿でかに料理のプランがあるところで11月からの解禁の季節に、かにの本場の鳥取でかに料理を食べ、温泉を楽しむことにしています。去年は、友人と三人で鳥取に行きました。鳥取でのかに料理は初めてでしたけど、やっぱりおいしかったです。日本海とかはプランクトンが豊富だからなのか、身が目一杯詰まっているので、すごくおいしいです。大げさかもしれないけど、今まで食べたかにの中でもいちばんおいしかったと思います。おまけに温泉宿なので、のんびりと過ごせましたよ。鳥取の皆生温泉は、境港の漁港にも近かったので、新鮮でおいしいかに料理を堪能できました。

知床半島はステキ

今でも人の手が入っていない大自然を楽しめるのが、北海道の知床半島です。北海道の東部に位置する知床半島は、北海道地図を書くと左側ににょきっと飛び出ている半島です。世界で最も低緯度だそうで海水が結氷する季節海水域なんです。
そのため海・川・陸の生物全体が独特の食物連鎖で形成されているのです。
有名なところではアザラシなどの哺乳類が知床半島の海域に集まってきますし、陸上ではキツネ・ヒグマなどが川を遡る鮭を餌として捕食する光景なんかも見られたりします。
それと、海岸から山頂までの間には、人の手が入っていないの本当の自然!そのため、いろいろな植生が存在しています。シマフクロウ、オオワシ、オジロワシなどの世界的にも希少種がいるんです。

そんなところが知床半島が世界世界遺産として登録されたんです。日本で初めて海洋を含む自然遺産の登録だそうですね。
知床半島の中央には、北から知床岳、知床硫黄山、羅臼岳、遠音別岳、海別岳の知床連山が連なっていて、半島西側の斜里町の方には、知床五湖、カムイワッカの滝、オシンコシンの滝があります。観光スポットとしても有名です。また、東部には羅臼湖、オホーツク海や北方領土の国後島が眺望できる知床峠などがあります。
知床に行くのなら、うにがおいしいお店でウニ丼を食べるのがいいです。私は一度食べて、他所のウニ丼が食べられなくなるほど美味しかったです。
知床には温泉もあります。ウトロ温泉は、海岸沿いと高台にたくさんの温泉宿があります。風呂にはいりながら夕陽を望める温泉宿なんかもあります。あと、カムイワッカ湯の滝というのがあり、これは滝つぼがそのまま温泉になっているんです。バス停から歩いて20分くらいで滝つぼがあります。それと、秘境温泉を楽しむのなら、岩尾別温泉のホテル地の涯(4月中旬~10月までの季節営業)です。日帰りもOKですし、無料の露天風呂もありますよ。
知床は一度行ったくらいでは十分に満喫できないくらいにたくさんの顔があります。なので、一度行った人は何度も行きたくなるんだと思います。

世界遺産めぐり

世界遺産を見に行きたくて、

今、ちょこちょこと世界遺産を見に行っています。まずは日本国内の世界遺産ですけど。

知床と平泉はいったんですけど、小笠原諸島はなかなかいけないんですよね。

最近登録された富岡製糸場は、まだ人出が多いから、もう少し静まってから行こうかなって思っています。富士山も登録されてからは、いってないけど、次回行くときは、やっぱり頂上まで行きたいって思います。

年内には、厳島神社には行く予定ですよ。

どれも楽しみですし、行ったらやっぱりすごいんですよね。

沖縄へ

沖縄へ行ってきました。

今回で2回めの沖縄。沖縄ではレンタカーが必須です。今回のテーマというか目的はとにかくゆっくりとなにもしないっていうことがあったので、とりあえず、お酒をのんで、ご飯食べて、あとは沖縄の海を眺めながら、ぼーっとしていました。

なんか、いろいろなことを考えながら。

リゾート風のホテルで、別になにもしなくていいので、本当にのんびりできました。なにかをするぜいたくではなく、なにもしない贅沢というのも味わってみるとなかなか普段経験できない感じでした。

旅行から帰ってきたら、かなりリフレッシュ出来たので、仕事を頑張ります。

空港からレンタカーで旭川、美瑛、富良野、札幌へ

念願だった北海道へ旅行に行ってきました。

旭川空港から入り、レンタカーを借りて、【旭川空港レンタカー

実は、レンタカーが結構安いプランで借りたので、その分、遊びにお金を使えました。交通費なので、できるだけ浮かせたかったので、ネットのレンタカー予約サイトを利用して、見つけたんですよ。

旅行の方は、まずは旭山動物園へ。もちろん、はじめて!テレビなんかで観るよりも、やっぱり、リアルな迫力があったし、レッサーパンダとか本当に可愛かったです(^O^)なかなか、顔をこちらに向けてくれなかったけど(笑)

とにかく行動展示というのが、これほど面白いとは思いませんでした。迫力があります。シロクマやアザラシとか、すっごくよかったです。

動物をリアルに感じられるのが、やっぱり人気の秘密かなって思ったし、おとなでも全然楽しめます。

動物がすごく近くで、しかも動きがあるので、見ているだけでもワクワクしました。ホッキョクグマもよかったです~☆

で、翌日は、美瑛と富良野へ。

美瑛のパッチワークの路や色とりどりの丘も最高にステキでした。富良野のラベンダーは見たかったけど、時期的には今じゃなく、夏なので、それは仕方なかったけど、富良野では、北の国からの家とか麓郷の森とか、ドラマの雰囲気を存分に味わいました。北の国からのファンとしては、もう言うことなし!って感じでした。

で、夜には、札幌まで行ったんです。

1泊2日の旅なので、慌ただしかったけど、それでも夜は札幌で、おいしい食事を楽しめましたよ。純連のラーメンも食べたし。。。